弊社のレーザー加工では、図面を基に数値入力してNCデータ作成する方法と
画像データをNCデータに加工、変換する方法があります。

弊社で扱えるデータ記憶媒体は3.5インチフロッピーディスク、CD、DVD、
各種フラッシュメモリとなります。
また、メールにデータを直接添付してお送りいただけます。


弊社で扱えるデータ形式は、

AutoCAD形式(dxf)
Adobe illustrator形式(ai)
※CS3まで
Encapsulated PostScript形式(eps)
Adobe Acrobat形式(pdf) ※ベクタ形式のファイル

などのベクターイメージとなります。

文字データは必ずアウトライン化して保存してください。
   
こちらの画像データを基に製品を作成します。
かなり複雑なデータとなっています。
数値入力ではデータ作成は難しいです。

サンプルはIllustrator(ai)形式です。
   
(ラスター形式) (ベクター形式)
データ作成に使用できるデータはIllustrator形式や
各種CAD形式のベクター形式のデータです。
ベクター形式で作成してあるPDF形式のデータも扱えます。

ベクター形式ではデータが座標の値で示されるので
拡大していっても表示は滑らかです。
拡大していって表示が荒くなっていくのがラスター形式です。

Illustrator等の形式のデータであってもラスター形式の
データが扱えるためご注意ください。
   
Illustrator形式のデータを一旦
AutoCAD(DXF)形式に変換し、CAD上で
修正作業を行います。
寸法修正やNCデータへ変換する為の不具合を
修正したりオフセットの設定をします。
   
修正できたDXFデータをCAM上に移動します。
加工順序や加工時に必要な逃がしを設定します。
加工の効率に大きく影響するのでよく検討して
データを作成していきます。

完成したデータをレーザー加工機に転送します。
   
加工時のワークへのレーザー光反射を
防ぐため、ワークサポートのピンを
はずしてしまいます。
一度加工の全軌跡を確認するので
時間がかかります。
ピンが無くなった所は支えが無くなるので
落下を防ぐためにフォローが必要になります。

加工準備完了です。
   
高熱で一気に材料のアクリルを蒸発させ、アシストガスで吹き飛ばし
加工をしていきます。
レーザー出力と送り速度が重要となります。
弊社のレーザー加工機は樹脂加工専用に改造してあります。

刃物を使った加工と違い、レーザーの加工の幅は0.3mmほどです。
ワークにも熱以外の力がかからない為、精密で自由な加工が可能です。
   
完成!!
精密な加工が非常に短時間で行えるのがレーザー加工の利点です。
切断面も高い熱がかかっているので光沢があります。



Copyright(C) 2009 Watanabe Jushi Koubou Co.,Ltd. All Rights Reserved.